佛教大学 Z1118 教育相談の研究 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数679
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価Bの 教育相談の研究 第一設題のレポートとなります。

    コメント欄にはもう少し、自身の考えを記入すると良いと記載されておりました。参考にされ、ご自身の考えを記入すれば評価Aを狙えるのではないでしょうか

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導・生徒指導・進路指導・特別活動)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     スクールカウンセラーという言葉は、平成7年から始まった文部省の調査研究委託事業として「学校臨床心理士」に対する者に使われるもので、教師とは全く異なった「臨床心理士」という専門の資格を持った者であり、この臨床心理士がスクールカウンセラーとして学校で行うカウンセリングをスクールカウンセリングと呼ぶのである。
     学校カウンセリングは教師が行う教師カウンセリングとスクールカウンセラーが行うスクールカウンセリングに分けられる。教育を専門とする組織の中に、カウンセリングを専門とする者の役割が必要となった背景には、教育現場の課題が要因として挙げられる。「不登校が毎年増加していることや、いじめによる自殺が頻繁に起こり、またナイフを使ったり、暴力事件などかなり深刻な問題行動が起きているという現在の学校現場の状況」にあり、教師が熱心に生徒との関わり信頼関係を構築しようとしても、容易につながりを持てなかったり、突然「キレて」教師に暴言・暴力を振るったりする児童・生徒に対する、生徒指導だ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。