佛教大学2015年Z1802介護等体験研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数558
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護等体験実習のスクーリング後提出するレポートです。

    講義內容から自身で作成しておりますので、レポート作成でお困りの方いらっしゃいましたらご利用くださいませ。
    レポートの題目:
    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか論述しなさい。
    平成10年より、小学校・中学校の教員免許を取得しようとする場合は、社会福祉施設・特別支援学級において障害者・高齢者に対する介護が介助の体験学習が法律で7日間義務付けられた。この法律は議員立法であり、実父の介護を実体験通じて田中眞紀子議員が「介護等体験特例法」の立案に関与している。
    実習者には教員とこの実習がどう結びつき、実習が必要なのか疑問に思う者も少なくなく、実際の受け入れ先機関による負担や実習期間の短さなども賛否両論ある中で、介護等体験法の第1条には趣旨として「義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性によって必要な体験である」と明記されている。介護等体験を価値ある体験にするためにも、介護等体験の意義を見直したいと思う。
     私は、小中学校の教員免許取得に介護等会見が必要である意義は多く3つに要約されていると考える。
    ①人としての成長。人としての価値観・視野を広めるためである。教員になる者も様々な教育環境・家庭環境で育ってきているが、一定の高等教育を受けそこで自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。