教育の制度と経営 1単位目

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数273
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育の制度と経営 1単位目のレポートです。

    課題
    1、 日本における教育革命の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2、 各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の制度と経営 1単位目
    課題
    日本における教育革命の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。
    近年、学校を取り巻く環境は、多くの経済的、社会的、政治的、教育的課題に直面し、激しく変化している。我が国でも、教育改革は社会変動に従属するものであって、主導するものではないが、教育改革によって新たな人間形成がなされると考え、教育改革こそ、迅速かつ適切な対応に迫られる最重要課題となっている。
      1970年代までの日本の教育現場で取り入れられていたのが、詰め込み教育である。詰め込み教育とは、知識をひたすら頭の中に詰め込む事に力点を置いた教育である。校内暴力などの学校の荒れが問題視されたころ、その原因は過度の受験競争や詰め込み教育であるとして文部省はゆとりの路線を提案した。カリキュラムの削減を図り、替わりに、内申書や進路指導などを通じた教師たちの評価を圧倒的に増加させた。詰め込み教育のメリットは、基本的な事項を暗記し続けることによって、頭の中に多くの知識が残せるというということ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。