平成19年に改正された「社会福祉士および介護福祉士法」を踏まえて、社会福祉士の主な業務と役割について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数66
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「平成19年12月5日に改正された、社会福祉士および介護福祉士法を踏まえて、社会福祉士の主な業務と役割について述べなさい。」

    ポイント
     介護・福祉ニーズの多様化、高度化を背景とし、介護保険の導入や障害者自立支援法の制定などによって、新たな福祉サービスの需要が高まっていることを受けて、法の一部が改正されています。それらを踏まえたうえで、今後求められる社会福祉士の役割について論じています。

    評価:B (採点者のアドバイスを受け、加筆・修正したものを掲載しています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「平成19年12月5日に改正された、社会福祉士および介護福祉士法を踏まえて、社会福祉士の主な業務と役割について述べなさい。」
     社会福祉士とは、専門的知識および技術をもって、身体上・精神上の障害や環境上の問題のために、日常生活を営むのに支障のある者の福祉に関する相談に応じ、助言・指導その他の援助を行うこととされている。その主な業務は、ソーシャルワークと呼ばれるものであり、社会福祉施設や保健医療機関をはじめ、在宅介護・療育相談など、あらゆる人生に対して生活上の相談支援を行う福祉の専門家であり、在宅介護や療育されている方に、様々な社会制度の利用を促したり、障害を持っている方から自立生活相談を受けた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。