社会福祉援助は、援助者の人間観や価値観が援助の質を左右するが、なぜ価値や倫理が求められるのか説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数53
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「社会福祉援助は極めて、援助者の人間観や価値が援助の質を左右するが、社会福祉援助において、なぜ価値や倫理が求められるのかについて説明しなさい。」

    ポイント
     援助者個人が持っている価値観と、専門職としての価値の違い、援助者と利用者の関係性などを押さえながら、ソーシャルワーカーの倫理綱領などを踏まえて論じています。

    評価:B (採点者のアドバイスを受け、加筆・修正したものを掲載しています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助は極めて、援助者の人間観や価値観が援助の質を左右するが、社会福祉援助において、なぜ価値や倫理が求められるのかについて説明しなさい。」
     ソーシャルワーカーは、あらゆる者の人権尊重と自己実現、特に弱者の権利を擁護する立場にある。これらの価値を実現するには、ソーシャルワーカー自身の自己覚知が必要不可欠となる。人間は誰しも、各自の体験によって自分なりの基本的傾向・前提を持ち合わせている。自身が専門職になる前に持っていた思想や考え方がどんなものであったか、実際に専門職に就いてみての理想と現実はどうか、内省的考察が必要である。
     社会福祉専門職の業務は、一歩間違えれば反福祉的行為になる危険..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。