戦後の日本家族の形態変化について、変化の内容を説明しながら、人々のどのような行動の結果として現れてきたのかを論じなさい。

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数67
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「戦後の日本家族の形態(規模と構造変化)については、いくつかの変化が指摘できます。それらの変化について、その内容を説明しながら、それぞれが人々のどのような行動の結果として現れてきたのかを論じなさい。」

    ポイント
     多くの人達がどのように行動したため家族形態が変化したのか、課題の趣旨から、求められる論述の中心は「行動」であり、「意識」ではないことに注意して論じています。

    評価:A

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「戦後の日本家族の形態(規模と内部構造)については、いくつかの変化が指摘できます。それらの変化について、その内容を説明しながら、それぞれが人々のどのような行動の結果として現れてきたのかを論じなさい。」
     日本家族の形態として、かつての農村社会においては、祖父母・息子夫婦・その子供が同一世帯に住む多世代同居が普通であり、いわゆる大家族が社会の基礎的単位となっていた。そこでは息子夫婦のみならず、祖父母や子供も農作業などの労働に従事し、生活の場と労働の場が一体となっていた。
     しかし、工業化が進み、産業構造が第一次産業から第二、第三次産業へと転換するにつれ、人々は工場などで働き生活の糧を得るようにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。