第19回社会福祉士国家試験問題グループホーム事例

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数59
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「第19回社会福祉士国家試験問題(社会福祉援助技術・事例3)知的障害者更生施設に入所しているKさんが、グループホームでの生活を始めた事例について、問題の把握からニーズの確定、アセスメント、支援プログラムの実施、事後評価等の各段階に分けて、ソーシャルワーク実践の展開過程についてまとめ、さらに新たなサービス開発の必要性など地域福祉基盤の整備に関わる課題について述べなさい。」

    ポイント
     実践の展開過程をまとめるとともに、不足していることや、さらに必要と考えられる活動などについて論じています。

    評価:A

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「第19回社会福祉士国家試験問題(社会福祉援助技術・事例3)知的障害者更生施設に入所しているKさんが、グループホームでの生活を始めた事例について、問題の把握からニーズの確定、アセスメント、支援プログラムの実施、事後評価等の各段階に分けて、ソーシャルワーク実践の展開についてまとめ、さらに新たなサービス開発の必要性など、地域福祉基盤の整備に関わる課題について述べなさい。」
     Kさんは中度の知的障害者であり、知的障害者更生施設に入所して8年目となるが、母親の他界、弟家族と父が他県に住んでいることもあり、在宅生活への移行は困難な状況である。Kさん本人は、かねてよりグループホームでの生活を希望しており、地域生活に向けての準備を進めていくこととする。
     援助を始めるにあたり、Kさんの詳しい情報をインテークで得るとともに、さらに援助活動を行うために必要となる具体的な情報を集め、今後の方向性を検討する。アセスメントは利用者のもつ潜在的な力に着目して行う必要があり、能力面においてKさんの作業態度は真面目だが、時々集中力が途切れてしまう。性格は物静かで、人の話をじっと聞くタイプであり、独りになると不安にな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。