パーソナリティの形成について、自身の経験にも触れながら述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数35
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「パーソナリティの形成について、自身の経験にも触れながら述べなさい。」

    ポイント
     遺伝的要因、個体的要因、環境的要因などに触れ、自分自身のパーソナリティ形成にも触れて論じています。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「パーソナリティの形成について、自身の経験にも触れながら述べなさい。」
     パーソナリティの形成は、基本的には遺伝要因と環境要因の相互作用の結果であり、遺伝的に規定される特性を認めるにせよ、生後の環境の影響は非常に大きいと考えられ、幼児・児童の学習はパーソナリティと深く関わっている。
     例えば、植物の育ち方の特色は連続性であり、基本的性質を変えることなく成長していく。この植物の育ち方と同じように、パーソナリティも幼少時のものをそのまま維持して大人になっていくという考え方がある。つまり、苗木の時に傷つけられたりすると、その傷は成長した時にも傷跡として残っていく。パーソナリティもこれと同じで、成長す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。