高齢者に対する支援「介護を実施する際の、介護者のあるべき態度について述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数434
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「介護を実施する際の、介護者のあるべき態度について述べなさい。」

    ポイント
     介護専門職者としての心構えという視点から、具体的な意見を含めて述べています。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「介護を実施する際の、介護者のあるべき態度について述べなさい。」
     介護を実施する際の介護者のあるべき態度として、共感的態度で受容し、相手の意思を尊重しながら日常生活を支援することが挙げられる。相手の声を傾聴し、その人自身が人生の積み重ねであり、人生そのものとして受容・共感し、その人に合った生活を送れるように支援することが大切である。
     また、介護が必要となった相手の気持ちを理解し、安心した生活が送れるように援助することも大切である。これまで出来ていたことが出来なくなり、人の手を借りなければ生活ができないことに対しての情けなさ、不安感、羞恥心、苛立ちなど様々な感情を抱いていることを理解し、それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。