生活保護における「自立支援プログラム」の内容、プログラムを実施するうえで配慮すべきこと、生活保護の「自立」の考え方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数873
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「生活保護における「自立支援プログラム」の内容と、プログラムを実施するうえで配慮すべきことを、生活保護の「自立」の考え方を踏まえて論じなさい。」

    ポイント
     生活保護における3つの自立の考え方をあらためて確認のうえ、自立支援プログラムが真に被保護者世帯に対して有効に提供されていくために、何が求められているかを踏まえて論じています。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活保護における自立支援プログラムの内容と、プログラムを実施するうえで配慮すべきことを、生活保護の自立の考え方を踏まえて論じなさい。」
     平成17年度より実施されることとなった生活保護における自立支援プログラムとは、被保護者層の自立を促すことを目的として生まれたもので、就労による経済的自立を目指した就労自立支援、社会的な繋がりを回復・維持し、社会の一員として充実した生活を送るための社会生活自立支援、身体や精神の健康を回復・維持し、日常生活でも自立するための日常生活自立支援の三つの柱から成り立っている。
     1,900年代末からの失業を原因とする貧困問題を発端とし、貧困が社会的な問題として認識さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。