相談援助「社会福祉士に求められる、ジェネリック・ソーシャルワークの重要性と、ソーシャルワーク実践の展開過程」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,091
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「社会福祉士に求められる、総合的かつ包括的な支援(ジェネリック・ソーシャルワーク)の重要性と、ソーシャルワーク実践の展開過程について述べなさい。」

    ポイント
     社会福祉士には、利用者のもつ生活課題の背景や構造を理解したうえで、社会資源や制度を活用して援助を組み立てることが求められます。「あらゆる人の援助の第一段階として通用するソーシャルワーク」を念頭において、ソーシャルワーク実践の展開過程について論じています。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉に求められる総合的かつ包括的な支援(ジェネリック・ソーシャルワーク)の重要性と、ソーシャルワーク実践の展開過程について述べなさい。」
     近年、わが国における社会福祉は個人の尊厳を重視し、地域での自立支援を支えることを基本とした考え方へと発展してきた。そのため、多様化した福祉サービスに応えるために様々なサービス機関を有機的に結びつけなければならない。また、総合的にサービスを提供するというケアマネジメントを手段として活用したソーシャルワーク実践の時代となった。このような新しい社会福祉の考え方においては、従来のような利用者の属性に分類する思考方法は通用しなくなってきており、個人の問題をどのように支援していくのか、ケアマネジメントを手段として活用したソーシャルワークのあり方が重要となる。
     今後は、援助の第一段階として通用するソーシャルワークをケースの内容によって、それがジェネリック・ソーシャルワークもしくはスペシフィック・ソーシャルワークであるか考えなければならず、以前のような入所型理論だけではなく、地域での自立生活支援における援助方法や、多くの問題を抱えている利用者に対する援助方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。