相談援助「社会福祉援助活動における、専門的援助関係の特徴と、援助者の自己覚知について、自身の体験を踏まえて述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,533
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本知的障害者福祉協会 社会福祉士養成通信レポート

    課題
     「社会福祉援助活動における専門的援助関係の特徴と、援助者の自己覚知について自身の体験を踏まえて述べなさい。」

    ポイント
     社会福祉援助活動において、援助関係や援助者の自己覚知がなぜ必要なのか、どのような原則に基づいて援助がおこなわれるかを、具体例を挙げて説明しています。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助活動における専門的援助関係の特徴と援助者の自己覚知について、自身の体験を踏まえて述べなさい。」
     社会福祉専門職の自己覚知とは、利用者が抱える問題に対して感情的な反応を示さないよう自身の偏見や私情を取り除き、利用者を中心においた援助関係の構成に専念できる状況を作り出していくことといえる。しかし、自己覚知だけで援助が成立するわけではなく、専門的な援助をおこなう為には共感できる自己の価値観の領域を広げつつ、専門職としての価値観を身につけていく必要がある。
     ソーシャルワークとは、それぞれ違った価値観を持つ者同士が出会い、そこから理解を生み出していく過程でもあるが、価値観は時に「こうあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。