発達心理学レポート 設題1 近畿大学豊岡短期大学通信教育部

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数939
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短期大学通信教育部の合格レポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1、発達心理学とは何か、発達心理学を学ぶ意義についてまとめ、あなたは発達心理学で得た知見をどのように活用したいと考えているか、私見をまとめてください。
    _発達心理学とは、人が受精から死に至るまでの発達を研究する心理学の一分野である。かつては成人へと向かう上昇的な変化だけを発達といったが、現在の発達心理学では成人から高齢者に向かう下降的な変化も含め、「発達」としている。例えば、人生後半の老年期には、身体的成長や記憶力などは衰退しているが、それまでの経験の積み重ねによって、智恵や英知は磨かれいく。加齢とともにネガティブな発達だけではなく、ますますポジティブに発達するものもみられるのである。近年では一生涯を研究対象とする視点を強調して「生涯発達心理学」として理解している。
    _発達心理学は決して難しい学問ではない。具体的には情緒、社会性、認知、身体能力の発達を捉える学問であるが、簡単にいうと、日々の家庭生活や学校生活、そして社会生活を充実して過ごしていくための一助となる身近な知識である。あえて勉強しなくても人は発達するし、子育てもできるであろう。自身もこれまでは発達心理学の知識を持たず3人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。