科目試験★ 憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数147
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    シンプルに覚えやすくまとめてます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目試験対策 ●憲法
    ◇近代立憲主義の成立と近代憲法の基本原理(基本原則)について説明してください。
    17世紀フランスにおいて、権力が王権に集中する絶対君主制が確立した。近代立憲主義とは、このような絶対君主の有する主権を制限し、個人の権利・自由を保護しようとする動きの中で生まれたものである。近代憲法の基本原理は、国家権力を抑制する役割を果たすための原則である。①代表民主制の原則…国民は被治者たる地位にとどまらず、治者として、国政に参加する途が開かれている。②基本的人権の保障…近代憲法における人権の保障は、国家権力を制限し、個人の自由をその侵害から守ることに重点がおかれる。③権力分立の原則…国家権力をできる限り分散し、相互の抑制・均衡をはかる④法の支配の原則…治者の専断的な支配ではなく、法の拘束によって、国民の権利・自由を確保することを目的とする。⑤責任政治の原則…国政の担当者が権限にもとづいて決定した事項に対して、責任を応という仕組をつくり、権力の恣意的な行使を抑制することを目的とする。
    ◇日本国憲法の基本原理の一つとされる平和主義について説明してください。
    戦争や武力行使や暴力に反対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。