体育科指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数185
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価
    全て1を獲得してます!

    コメント
    簡潔にレポートを作成してます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1 体つくり運動の必要性について説明しなさい。
     体育とは、身体教育、身体活動を通しての教育、運動そのものの教育の3つを包含したものであり、これらは互いに共存しあいながら、人間形成という教育の目的を達成するのである。
     体育科は、生きる力の3本柱の中で、健やかな体力での基礎を担っている科目である。
     現在の調査では、子供の体力低下傾向や運動習慣の二極化、関心の低下、生活習慣の乱れなどが課題として挙がっている。これらの問題の背景には、国民の意識の中で子どもの外遊びやスポーツの重要性を軽視するという傾向の国民意識があり、その結果として子供が積極的に体を動かさなくなった点が指摘されている。また、児童の周囲の環境変化(時間、空間、仲間の減少)も要因として指摘されている。例えば、現在の子供たちは多忙な生活を送り、都会では空き地の消失や公園での遊びの制限がされ、少子化によって日本全体の児童数が減少している。これらによって、現在の児童たちは外遊びの機会を昔に比べると減少し、結果として体力低下を招いていると考えられる。そして、教員自身の外遊びの体験不足による指導不足も指摘されつつある。これらのこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。