算数 設題2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数150
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価
    全て1を獲得してます!

    コメント
    簡潔にレポートを作成してます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 外延量の指導において単位の必要性を学ばせる手立てとして、次の4つのプロセス「直接比較」・「間接比較」・「任意単位(個別単位)」・「普遍単位」が挙げられています。これらのプロセスを踏まえることの意味を考察し、『量と測定』領域の4年「面積」の指導を具体例に用いて、その有効性を説明してください。(具体例はテキスト以外のものを考察してください。)
     
     外延量の指導において、単位は単に覚え得るものではなく、人類が必要に応じて工夫し作ってきたものであることを児童に学ばせたい。その過程で4つの段階を追って単位を導入するなど、様々な比較の方法を児童に工夫させることで、扱われている量についての経験を豊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。