情報リテラシー

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数156
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題 情報化社会における情報活用能力とはどのような能力であり、その能力が私たちの社会生活に与える効果・影響を以下の観点から1500字程度で述べてください。
     情報とは「ある物事の事情についての知らせ」といわれる。受信者にとって有益な「知らせ」は「情報」
    となり、関心がないものは雑音となる。同じ情報でも受信者によってその価値が大きくかわる。「情報活用能力=情報リテラシー」とは、課題や目的に応じて情報手段を適切に活用することを含めて、必要な情報を主体的に収集・判断・表現・処理・創造し、受信者の状況などを踏まえて発信・伝達できる能力のことである
     近年の情報教育の目標は(情報活用の実践力,情報の科学的な理解,情報社会に参画する態度)をバランスよく育成することである。小・中・高等学校を通じて、コンピュータや情報機器の基本的な操作から、課題や目的に応じた情報手段の適切な活用、特性の理解情報を扱う上で注意すべき個人情報保護や情報セキュリティーなどを段階的に学習し、情報活用能力を育成する。
    このように「情報機器を操作する能力」から「情報活用能力」へと変化している背景として、コンピュータ・リテラシーが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。