教育課程論 設題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数203
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価
    全て1を獲得してます!

    コメント
    簡潔にレポートを作成してます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2 学校教育法に定める学校における教育課程を実施するにあたっての配慮事項および評価・改善について、あなたの意見もふまえて論じなさい。
     教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために、各学年の授業時数との関連において、学習指導要領に示された内容を総合的に組織した学校の教育計画である。つまり、教育課程とは各学校の教育の中核となる教育計画であり、子ども一人ひとりの人間として調和のとれた育成を目指した教育を推進していく際の拠り所である。
    カリキュラムは編成において「目的・目標」「実態」「内容」の三要素を中核として、時間配分、子ども集団の編制、教職員の配置、教職員の資質・教育観、施設・設備の教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。