教育制度・行政論1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数625
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    評価
    設題の理解: 1よく理解できています。
    文章の表現: 1よく表現されています。
    内容: 1内容が豊かであり、よく学習しています。

    所見:設題にきちんと向き合い、よく内容が整理されたレポートとなっています。



    そのまま引用せず、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1 我が国の教育制度の概要を述べ、現在学校教育がかかえている課題について述べなさい。
     教育とは、ある一定の目的に向かって計画的・意図的に人間の成長と発達を図っていく営みである。教育の目的の設定によって、教育内容、教育方法、教育制度の在り方が決まってくる。教育行政とは、国又は地方公共団体が、立法機関によって成分化された教育政策であり、教育に関する法令を実現化する作用又は行為のことをいう。わが国の教育行政は、国、都道府県、市町村がそれぞれの役割を分担し協力する体制で実施している。中でも教育委員会は地方教育行政の担い手として重要な役割を果たしている。よって、教育委員会と学校行政の2つの主要な領..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。