初等図画工作科教育法 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数371
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育 教育学部 初等図画工作科教育法 1単位目の合格レポートです。2013年度~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部
           初等図画工作科教育法(PB3040)1単位目 合格レポート 2013年度~
    ○課題1 テキスト内の「図画工作科教育の意義と目的」(第1章)について、1,000字程
    度に大意要約せよ。
    ○課題2 テキスト内の「学習指導案の作成について」(第3章)の「1 教材研究に基づく学習の構想」から「2 指導案に必要な記述事項」までを、1,000字程度に大意要約せよ。
    ○成績 合格
    ○ 講評 1,2ともにテキストの要点を捉え、丁寧にまとめられています。
    ○レポート本文
    ①図画工作科教育の意義と目的とは「造形的な表現活動とはいかなるものか」「指導可能なこととは何か」に置き換えて考えることができる。
     では、「造形的な表現活動とはいかなるものか。」それは、自らの感覚・情趣・感情の把握・実現・有形化であり、まずは自分自身と向き合うこと。これに始まり、これに尽きるのであろう。
     よく芸術は鏡であるといわれる。それは、自己を映す鏡であり、他者を映す鏡でもあり、ひいては世界を、自然を映す鏡なのである。
     造形的表現では、物的材料に変工を加えた痕跡そのものであるがゆえに、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。