日大通信合格レポ:【分冊1】マーケティング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数27
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信・マーケティング分冊1・合格レポート:課題「新製品開発について説明せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     新製品とは、狭義には、①在来に無い全く新しい用途を開発する事に成功した物、②在来品の機能を置き換えた物、③在来品の素材を置き換えた物、とされている。また、広義には、④旧製品の新復活品、⑤旧製品の新イメージ品、⑥旧製品の新結合品、⑦自国で初めて生産する物、⑧自社で初めて生産する物、と分類されているが、一般的には広義に解されており、既に市場に出回っている製品であっても、自社にとって初めて製造・販売する製品であれば、新製品と呼ぶ事が出来る。また、新製品は、企業の売上増加高の約50%~70%という大きな割合を占めている為、企業の成長において非常に重要な存在である。食品業界だけでも、年間2万程の新製品が誕生しているが、ヒット商品となるのは、その中のほんの数%という狭き門だが、そもそも新製品がどの様な手順で開発されるのかを以下にて説明する。
     新製品開発の手順として、まず①社内・消費者・取引先・競争企業・研究機関・政府機関といった、様々な方面の人から、伝統や慣習に捕らわれない斬新なアイデアを収集する「探究」。ブレーン・ストーミング会議や提案制度を採用する企業が多い。次に②収集されたアイデアの中か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。