近大姫路大学通信 国語科指導法Ⅱ(日本語) 設題2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数271
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    設題2
    文部科学省「『学校教育におけるJSLカリキュラムの開発について』(最終報告)小学校編」を参考にして、以下の点についてまとめなさい。
    ①JSLカリキュラムの種類とそれぞれの特徴
    ②AU(「Activity Unit」、活動の単位)とは何か
    ③国語科AUが言語能力別の分類になっているのはなぜか
    JSLカリキュラムでは、大きく2つのタイプを想定している。一つは、「トピック型」JSLカリキュラムであり、もう一つは「教科志向型」JSLカリキュラムである。「トピック型」JSLカリキュラムとは、具体物や直接体験という活動を通して、しかも他の子どもとの関わりを通しながら、日本語で学ぶ力を育成することが主な目的である。つまり、特定の教科というよりも、各教科に共通の学ぶ力の育成を目指す。
    これに対して、「教科志向型」JSLカリキュラムは、各教科固有の学ぶ力の育成を目指すものである。各教科には特有の学び方があり、教科の学習のためにはその学び方を具体物や体験を支えにして習得していく必要がある。ここで「教科志向型」と呼ぶのは、このカリキュラムを教科学習の前提として位置づけ、かつその学習過程に特徴を持たせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。