近大姫路大学通信 国語科指導法Ⅱ(日本語) 設題1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数320
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    設題1
    文部科学省「『学校教育におけるJSLカリキュラムの開発について』(最終報告)小学校編」を参考にして、JSLカリキュラムが開発されるに至った経緯と基本構想についてまとめなさい。
    国際化の進展に伴い、日本語指導を必要とする外国人児童生徒を受け入れている公立学校が増加しており、このような外国人児童生徒が学校生活に速やかに適応するためには、学校における効果的かつ効率的な日本語指導が必要である。しかしながら、日本語の初期指導から教科学習へつながる段階の日本語カリキュラムが必ずしも十分に確立しておらず、各教員の努力に委ねられているのが現状である。
    日本語を母語としない子どもたちの教育は、これまでは、日本語指導を優先させ、その上で教科指導を進めようという考え方が強かった。すなわち、日本語指導と教科指導が切り離されて行われていたのである。
    日本語指導と教科指導の関係をみると大きく次の3つのタイプに分けられる。1つ目は、日常会話ができるようになるとすぐに教科の学習を行うという「順次型」である。2つ目は、日常会話ができるようになった後も、特別に取り出しをして日本語指導を行いつつ、教科指導も行うとい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。