【2015年度】佛教大学 S0534 教育相談の研究 科目最終試験科目最終試験 6題×回答セット(合格済)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,209
ダウンロード数90
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最新・2015年度 佛教大学 教育相談の研究(S0534)の科目最終試験6問と回答です。

    ◆仕事と両立していて時間がない、効率的に勉強したい、内容と論述構成わかりやすいものを探している方、
    ぜひ、参考にしていただければと思います。

    各回答ともに、教科書を中心に模範解答を記載し、どの設問も必ず表面1Pはうまる文量になります。

    設問にあわせて、教科書の内容をわかりやすく、覚えるべきことを論理的にまとめています。
    論述の組み立てがわかるように段落分けしているので、展開や内容を覚えやすいかと思います。

    覚えるべきキーワードと、内容については、マーカーと下線で示してあるので、教科書と併用しなくても、直前での対策として活用いただけます!


    教科書と照らし合わせなくてもこれだけ見ても理解できると思いますが、教科書の該当ページも記載しているので、あわせて確認することもできます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0534 教育相談の研究 試験対策
    ■不登校について、そのタイプ別に学校及び過程における対応(指導)の在り方を述べなさい
    ■カウンセリングの種類をあげて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい
    ■教師カウンセラーとスクールカウンセラーの、それぞれの長所(メリット)と限界について考察しなさい。
    ■現代の社会や学校において、カウンセリングがますます重視されるようになってきている背景や原因について考察しなさい。
    ■現代の子どもたちは、仲間同士の人間関係が希薄になっていると言われるが、その原因と考えられることを述べ、学校教育全般にわたる対応策について論じなさい
    ■非行している子どもの心理と、学校における指導の在り方を述べよ
    <参考文献>
    ・友久久雄偏著「学校カウンセリング入門改訂版」ミネルヴァ書房,2013年
    ■不登校について、そのタイプ別に学校及び過程における対応(指導)の在り方を述べなさい
    不登校とは、「病気や経済的理由以外に子どもの心理的や社会的などの要因により、登校しないか登校できない状態」である。登校しないか・できない状態の原因というのは様々ある。過去には、不登校になりやすい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。