【2015年度】A評価 S0101_教育原論 第一設題 レポート(佛教大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数383
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 「教育原論」 第一設題のレポートです。

    教科書の内容を中心に表現の言い換えと適宜参照をし、段落ごとにわかりやすく書いていますので、参考にしていただきやすいのではと思います。A評価で合格済です。

    ペスタロッチーの教育学は試験問題でも出題の可能性があるので、試験勉強としても参考にどうぞ!

    (説題)
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチ―の教育学を考察するにあたり、まず、影響を与えた彼の生い立ちから述べる。ペスタロッチ―は、1746年スイスに生まれた。外科医だった父親は、ペスタロッチーがわずか5歳のときに病死し、その後は母と家政婦により育てられた。幼少期に、母親と家政婦といった女性に育てられたことは、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考えられている。また、彼はプロテスタント牧師であった祖父が貧しい人々の救済のために働いていることを尊敬しており、1764年にコレギウム・カロリヌーム(現:チューリヒ大学)に神学を学ぶために入学。大学在籍時代に、貧民救済のためにはさらに法学、政治学、歴史学を学ぶことが重要と悟り、大学を卒業後は、政治改革に向け「愛国者団」という政治結社を作り、政治運動を行う。しかし1767年の政治事件にかかわり投獄をされたことで、出世の道を断念。1769年、貧農を救助するために農業に携わり、農場ノイホーフを創設する。この農場は土地も不良で天候にも恵まれず、間もなく失敗に終わったが、1774年に、孤児や貧困層の子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。