高次脳機能障害の定義・種類・リハビリ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数115
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信課程課題「高次脳機能障害の定義・種類・リハビリ場面での配慮について、その課題を考察しなさい。」
    1200字程度でまとめてあります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高次脳機能障害とは、脳の病気や事故などにより脳が損傷され、精密な情報処理がうまくいかなくなることにより、記憶・注意・行動・言語・感情などの機能に障害を残す状態をいう。高次機能障害の症状については以下のものが挙げられる。代表的なものについては日常生活におけるリハビリテーション場面での配慮についても述べる。
    注意障害は容量性注意障害、選択性注意障害、転換性注意障害、持続性注意障害、配分性注意障害5つに分かれる。リハビリ場面では、パズルなど楽しみながらできる内容や色々な作業を組み合わせて興味を持続させる、適度な休憩を促す、静かな環境を保つ、必要なもの以外をその場に置かないなどの配慮が必要である。
    記..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。