PB2150初等生活科教育法 単位1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数33
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学のレポート課題、 初等社会科教育法(単位1)の合格レポートです。「どう書けばよいかわからない・・・」という方、参考にしてみて下さい★
    問題なく一発で合格したレポートです。まとめるのが少し大変な課題でしたが、講評も「よくまとまっている」との高評価のコメントをいただきました。

    【課題1単位目】
    1.生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2.第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通していくつかの大単元を構想し、要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。

    講評 1.3点を中心に言及し、配慮点がまとめられています
       2.地域に関わり、生活科の東食を生かしてよく構想されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2150初等生活科教育法 1単位
    参考文献 『平成20年学習指導要領対応 生活科の授業づくりと評価』
    著:高浦勝義・佐々井利夫
    【課題:単位1】
    1.生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2.第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通していくつかの大単元を構想し、要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。
    問1 学習指導要領において生活科の目標とは、「具体的な活動や体験を通して、自分と身近な社会や自然との関わりに関心をもち自分自身や自分の生活について考えるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う」ことだ。生活上必要な習慣として9項目、技能として4項目が示されており、これらを授業の中で子供たちが主体的に学習する中で身に付けられるようにしなければならない。例として、習慣⇒生活リズムを整える、社会のルールやマナーを守る。技能⇒動植物の世話ができる、手紙や電話の仕方などがある。以上のことを踏まえ、生活科の指導計画作成上の留意点について、以下の3つの観点に着目して検討していく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。