PB3090児童・進路指導論(単位2)合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数122
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学のレポート課題、 児童・進路指導論 2単位目の合格レポートです。問題なく一発で合格したレポートです。 モデルとするする小論文であり、理路整然でわかりやすいと評価していただきました。

    PB3090 児童・進路指導論

    参考文献 「追補版 生徒指導―小学校―」 味形修(明星大学出版部)

    単位2 次の項目のうちから一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3090 児童・進路指導論 単位2
    参考文献 「追補版 生徒指導―小学校―」 味形修(明星大学出版部)
    単位2 次の項目のうちから一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。
     私は、非社会的行動について取り上げ、児童に対する指導について述べる。非社会的行動とは、主に、いじめや挫折経験などが原因で、学校集団から離れて自分だけの内に閉じこもろうとする行為や行動の形態をとった問題行動である。これは、反社会的行動とは異なり、社会的な価値や規範への攻撃性は強くない。児童の問題行動とは、主に不安によって生じる社会的に問題となる行動だ。つまり、児童の社会性に欠ける行動とは、学校という社会環境への不適応行動のことである。この原因は、学校場面における強い不安を解消するための行動と考えることができる。
    児童の非社会的行動な行動の一つとして、不登校(登校拒否)がある。これは、児童が、病気や経済的理由などを除いて、何らかの心理的要因によって登校できない、あるいはしないことである。その指導援助としては、特に心理的側面へのアプローチを重視する必要がある。不登校の原因は、学校をめぐる、主に心理的・社会的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。