PB3090児童・進路指導論(単位1)合格済み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数125
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学のレポート課題、 児童・進路指導論 1単位目の合格レポートです。問題なく一発で合格したレポートです。 モデルとするする小論文であり、理路整然でわかりやすいと評価していただきました。

    PB3090 児童・進路指導論

    参考文献 「追補版 生徒指導―小学校―」 味形修(明星大学出版部)

    単位1 学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気を付け、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3090 児童・進路指導論
    参考文献 「追補版 生徒指導―小学校―」 味形修(明星大学出版部)
    単位1 学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気を付け、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    学級とは、児童にとって学校生活の基礎となる場所だ。担任には児童が一日のうちで多くの時間を過ごす学級の中で、生徒指導を通して物的・人的環境を良好にし、児童の「自己指導能力」を育成することが求められる。
    「自己指導能力」とは、将来の進路や人間関係、日常生活の中で直面する課題などに対し、自分の今までの経験や体験を基に適切に判断・行動するという、「自分で自分を指導する力」である。そこでは過去の経験や体験からの学びや、児童が他者との関わりの中で身につけたものが重要になる。だからこそ、学級を基盤とした学校生活の中で、児童と周りの人々との良好な人間関係を支援することは、生徒指導の基本なのである。
     ではどのような生徒指導をすれば、学級内でのよい人間関係づくりができるのだろう。まず前提として教師が認識すべきことは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。