2015年 初等国語科教育法 単位1単位2(合格済)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数697
ダウンロード数75
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご観覧頂きありがとうございます。 明星大学の2015年レポート課題、初等国語科教育法(書写を含む)1単位目、2単位目の合格レポートです。 評価は良かったです

    2015 年度 PB2110 初等国語科教育法(書写を含む。)
    使用教科書:『初等国語科指導法』長谷川清之(明星大学出版部)

    課題1 説明文教材「『かむ』ことの力」金田洌文の学習指導案を作成しましょう。

    ✩この課題は、段落のつながりを読む力をつけることが中心に考えます。この力を培うことを評価規準に明確に位置づけてください。


    評価 必要な事項を計画しています。
    単元の目標の設定、指導計画が適切です。
    授業をどう考え、展開するか、授業者の説明責任を果たしています。


    課題2 2008年告示の学習指導要領の目指す理念をまとめ、これからの国語科教育の目標と内容、指導についてまとめましょう。

    ✩どのような指導をすべきか、指導の理念・目標・配慮すべき事項を捉え、考察することが大切。

    評価 指導の理念・目標・配慮すべき事項と、その理由や経緯が明確に示されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「初等国語科教育法」
    単位1 説明文教材「『かむ』ことの力」(金田冽文)の学習指導案を作成しましょう
    題名 第4学年国語科学習指導案 第4学年1組 児童数35名
    単元名 段落のつながりに気をつけて読もう 教材「かむ」ことの力
    単元の目標 文章構成について知り、文章全体の内容をつかむ方法を理解すること共に、かむことと歯の健康維持について意識させる。
    評価規準
    観点
    ア 国語への関心・意欲・態度
    ィ 読む能力
    オ 言語についての知識・理解・能力
    評価基準
    文章全体を構造的に見ようとするとともに、自分の体や生活のあり方について見直そうとする。
    ・文章を読んで考えたことを発表しあい、一人一人の感じ方に違いがあることに気づく
    ・文章の中心をとらえ、段落ごとの関係や、事実と意見の関係を考えて文章を読み、引用したり要約ができる
    ・当該学年までに配当されている漢字を読むことができる。
    文章全体について、段落の役割を理解している。
    単元設定の理由
    ・この単元での学習の意義
     『かむ』ことがなぜ体にいいのかを理解し、自分の生活を見つめ直す。
      「かむ」ということは児童にとって当たり前の行為であるため、意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。