初等教育課程論(単位1)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数333
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学、2015年初等教育課程論1単位目の合格レポートです。問題なく1度で合格をいただきました。
    要点がしっかりしていないと不合格になります。

    初等教育課程論1単位目

    1.教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。
    2. 『小学校学習指導要領』の7回の改訂を取り上げ、それぞれの改訂で示された教育課程の特徴についてまとめてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育課程論(単位1)
    1-1教育課程とはどういう意味ですか、それが教師や子どもにとってなぜ重要なことといえるのですか。
     教育課程とは、学習指導要領の趣旨を踏まえ、各学校の校長の責任と指導のもとで、その他教職員が連携し創意工夫を生かし編成されるべき教育活動全体についての基本計画だ。教育課程の編成・実施には、学校の教育目標や実現のための方針などを明確にし、子供の心身の発達やその他の実態を踏まえ適切な計画を立て、体系的な教育活動が組織的に展開されることが重要だ。その実現には、学校組織等の役割を明確にし、各学年や各教科等が連携・協力し組織的に実施されなければならない。
    教育課程の基準である学習指導要領においては、「生きる力の育成」が明確にされ、「確かな学力」「豊かな人間性」「健康や体力」に配慮する事項が示され、「国語・算数・社会・外国語活動・総合的な学習の時間」などの教科や分野ごとの目標が掲げられている。また、教育に関する法令や学習指導要領において①基礎的・基本的な知識及び技能②思考力・判断力③主体的な学習への態度の育成が重視されている。その実現のため、教育課程編成の際には、教育目標の設..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。