児童心理学(単位2)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数165
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童心理学

    問題なく一発で合格をいただきました。
    レポートでまとめた内容が、科目終了試験での回答に役立ちました。しっかり教科書をよみ、レポートを丁寧に仕上げ内容を理解すると、試験でも生かされる良いと思います。
    私のレポートを役立てていただけると嬉しいです。

    単位2 子供の自尊感情に与える養育態度と学校の影響について説明しなさい
    →評価;要点を押さえ、よくまとめられています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童心理学(単位2)
    単位2 子供の自尊感情に与える親の養育態度と学校の影響について説明しなさい 
    自尊感情とは、人が持つ自分自身についての評価的な感じ方である。そしてそれは、児童期以降の自己概念の形成過程で中心的な役割を果たすと考えられる。では、その自尊感情の形成が、親の養育態度や学校によってどのように影響されるかを述べる。
     他者からの評価や、他者との比較によって自己概念は形成されてくるが、認知能力の発達にともない外面的なものから内面的なものに移行していく。その結果、自負やプライド、劣等感や優越感という、自己に対する価値的な感情を含む自己概念に発達していく。この自己に対する評価的な感じ方の側面が、自尊感情である。
     児童期には、他者からの評価、他者との比較によって自己に対する価値的な評価がはっきり意識され始める。学校や友達との活動の中で成功や失敗を経験し、周りからの評価を受けることにより、自分の能力や技能、好みや考え方、友人関係のあり方などを評価するようになる。その評価の仕方や受け止め方は個人差があるものの、次第に自己に肯定的・優越的な感情を抱くもの、否定的・批判的な感情を抱くもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。