児童心理学(単位1)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数157
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    児童心理学

    問題なく一発で合格をいただきました。
    レポートでまとめた内容が、科目終了試験での回答に役立ちました。しっかり教科書をよみ、レポートを丁寧に仕上げ内容を理解すると、試験でも生かされる良いと思います。
    私のレポートを役立てていただけると嬉しいです。

    単位1 子供の愛着形成について説明しなさい
    →評価;よくまとめられています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童心理学(単位1)
    単位1 子供の愛着形成について説明しなさい
    母親が子どもを愛情深く育てるということは、乳児期の子どもの発達にとって極めて重要な意味を持つ。その乳児と母親の結びつきは「愛着(アタッチメント)」と呼ばれる。ではその重要な母子関係における愛着形成が子どもの発達全般とはどのような関係性があるのだろうか。
    母親の十分なマザーリング(愛情深い世話)は、子どもの要求の充足、愛着の形成、知覚・認知機能、情動、社会行動などの発達において重要な役割を果たしている。マザーリングとは、乳児の飢えや渇きを母乳によって解消し、寒さや苦痛を養護によって軽減したり、あやす、微笑みかける、優しく話しかけるなどすることである。こうすることで、子どもは快感や安心感を得る。また、子どもは母子関係を通して精神的にも発達する。母親はマザーリングを通して乳児に様々な視覚的、聴覚的、嗅覚的、触覚的、運動感覚的な刺激を与え、その認知機能を発達させていく。そして乳児は自発的な行動が活性化され、探索行動も促進される。
    このマザーリングとは、愛着の重要な形成要因である。従来、愛着の形成は、動員低減説によって説明されてき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。