教職入門(単位2)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数311
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教職入門

    課題に対して、的確に答えられているとの評価をいただきました。
    特に教員養成の歴史についてまとめるのは大変でしたが、よい評価を頂いています。

    参考にしていただけると嬉しいです。

    単位2
    ①現代の教員に求められるものについて論述せよ
    →評価:教員養成の歴史が的確にまとめられています

    ②教職者に求められる教育愛と権威について論述せよ
    →評価;専門職としての職責について論及されています

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職入門(単位2)
    単位2―1 現代の教員に求められるものについて論述せよ
    学校環境が複雑・多様化している今日、教員には最新の知識・技術を自ら学ぶ姿勢が求められている。平成24年、中央教育審議会答申は、「学びの精神」をもって「教員として最小限必要な資質」を身につけさせる改革方針にのっとり、その資質能力を①社会からの尊敬・信頼を受ける教員②思考力・判断力・表現力等を育成する実践的指導力を有する教員③困難な課題に同僚と協働し、地域と連携して対応する教員、と3つに整理した。
    まず、社会からの尊敬・信頼を受ける教員について考える。戦後「国民の僕」と定義された教師に対する人々の期待は大きい。これに応え、日々粛々と職務を遂行している教員が多数いるなか、時に指導力不足やわいせつ行為などの問題教師も存在する。表面化する問題が注目され教師不信・批判が広がり、教師の威厳や社会的地位への評価は大きく変化した。その為、常に教員として必要な資質が保証され、社会の尊敬と信頼を得られるよう免許更新制が導入された。だが免許だけでなく、教職に対する情熱や誇り、確かな指導力、人間力を修養して、社会から信頼される教員になる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。