教育の制度と経営(単位2)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数253
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部

    教育の制度と経営 単位2 です。
    問題なく合格をいただきました。

    聞き慣れない言葉が多く、うまくまとめるのが難しかったですが、合格できました。科目終了試験も、このレポートの内容が理解できていたので、スムーズに回答することができました。

    単位2
    ①学校経営もしくは学級経営についての近年お動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ
    ②家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の制度と経営(単位2)
    単位2-1 学級経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ
    学級経営とは、学校経営の基本方針に基づき、教師が学級を単位として、一定の教育理念に基づき展開する、組織的で計画的な実践の総体である。現代社会においての学級経営が抱える課題とは、一体どんなものであろう。
    学級とは、個人や集団がそれぞれ課題を発見し、成長する場だ。そして学級経営とは、4月から始まる新たな生活・学習集団という場に、1年を通して固有の秩序を作り上げる長期的な取り組みだ。学級担任には、学級を、子供の思考力、道徳性、人格を育てる教育の場にすることが期待される。子供にとって充実した学習及び生活の場にするために、創意工夫のある実践の展開が必要だ。
     しかし近年、子供の社会体験が乏しくなり、他者との関わり方や、自己表現方法がわからず、ストレス・不満の発散の自制が出来ない子が増えている。警察庁の平成26年少年非行情勢報告によると、小学校の校内暴力は3年連続で増加している。荒れる子供の傾向としては、欲望や抑圧感を発散するよりも、心にため込んだ結果であることが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。