教育の制度と経営(単位1)合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数181
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部

    教育の制度と経営 単位1 です。
    問題なく合格をいただきました。

    聞き慣れない言葉が多く、うまくまとめるのが難しかったですが、合格できました。科目終了試験も、このレポートの内容が理解できていたので、スムーズに回答することができました。

    1単位目
    ①日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ
    ②各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の制度と経営(単位1)
    単位1-1 日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べなさい
    1996年の第15期中央教育審議会第一次答申において、21世紀を展望した我が国の教育の在り方について、「ゆとり」の中で「生きる力」を育むことを重視すると提言された。    
    「生きる力」とは、いかに社会が変化しようと、自ら課題を見つけ、学び、考え、行動し、問題解決する「確かな学力」、他者と協調し、思いやる心などの「豊かな人間性」、たくましく生きる「健康や体力」である。現代では、子どもの生活体験・社会体験・自然体験の機会が減り、勉強への興味や関心が薄れている。こうした中で「生きる力」を育てる教育に必要なのは「ゆとりある教育」であるとされた。
    2002年より完全実施された学校週5日制は、ゆとり教育の大きなポイントだ。これは、子どもが主体的に活動し、考える力の育成を目的に導入された。しかし、現実には休養日として利用され、目的を果たしていると言い難い。そこで地域施設の開放など、体験活動の場を充実させる等の取り組みも行われている。このように、ゆとりある教育には、学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。