【2017年】合格レポート 明星大学 PL2030 肢体不自由者の心理・生理・病理2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数800
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信課程 PL2030 肢体不自由者の心理・生理・病理 2単位目
    【課題】
    地域における特別支援学校の役割を理解し、肢体不自由者との関わりと今後のあり方について論ぜよ。
    学校、保護者、地域との連携に役立つ、何らか支援方法について、ポートフォリオ作成などを参考にしながら、まとめよ。
    【講評】
    障害のある児童・生徒を専門性の異なる複数の関係機関のネットワークの中心に置いて、継続的な支援をしていくことが大切です。
    個別の教育支援計画や、ポートフォリオなどがそのためのツールとして役立てられることになります。何のために、どのように連携していくのかについて、今後も学び続けてください。
    =========
    平成19年度の特別支援教育の実施により、特別支援学校の役割が変わってきた。課題①は、特別支援学校の役割や在り方を述べる。そして、肢体不自由者・児との関わりと今後の課題について概論する。
     近年の障害の重複化・重度化の課題に呼応するべく平成19年度に実施が開始された特別支援教育では、特別支援学校は、地域における特別支援教育のセンターとして機能を果たす役割がある。具体的には、地域の幼稚園や、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。