明星大学_PL4020聴覚障害者の指導法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数55
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 PL4020 聴覚障害者の指導法 1単位目
    課題:聴覚に障害のある児童生徒が、教科の学習をしている。教師が配慮しなければならない指導上の留意事項について説明せよ。
    講評:聞こえにくい特性に対応するために、視覚教材を充実させたり、補聴器や人工内耳を効果的に使用するために、教室の雑音を軽減したり、いわゆる学習場面での情報保障が第一に不可欠な配慮といえます。その上に経験や体験活動を授業に取り入れ、言語概念を広げながら各教科の学習を行うことになります。
    聴覚障害を有する児童生徒が学校であらゆる教科を学ぶ際、教師が児童生徒に対して配慮する事項は多岐に渡る。本課題では、特別支援学校に通う聴覚障害の児童生徒に焦点を当て、ここでは4つの配慮事項について述べていく。
    配慮事項として一番重要なことは、単に障害に関する知識や理解だけでなく、障害を持つ子どもの実態に目を向けることである。具体的には、聴覚障害の程度、重複した障害の有無そして重複している障害の種別や程度、重複障害がもたらす追加・増幅された困難など、日常生活における子どもの困難なことを的確に把握する必要がある。障害の持つ特性の知識を有する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。