明星大学 合格レポート 健康・スポーツ科学論 2単位目 WB101

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数73
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年度の 合格レポートです。高評価を貰っています。参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 健康・スポーツ科学論 WB1010 2単位目
    【課題】
    高齢期における、加齢による体力変化について説明し、健康維持のためにどのような運動を行ったらよいか、述べなさい。
    【講評】
     加齢による体力変化と健康維持のための運動についてていねいに説明されています。
    高齢期と言われている年齢として、例えば世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上とされているが、同機関が発表した「2015年版世界保健統計」によると、日本の平均寿命年齢は84歳であり、65歳以降の人生もまだ長いことがうかがえる。このことは、65歳以降の高齢者も変化しつつある身体機能の低下がありつつも、日常の生活の中で運動やスポーツを行うことが大切であることが言えるだろう。なぜならば、スポーツが健康的ライフスタイルの形成と生活の質(Quality Of Life: QOL)の向上に大きく寄与するからである。課題②ではまず、高齢者の加齢による体力変化の身体的状態について説明する。そして健康維持のためにどのような運動を行ったら良いか、述べる。
    加齢による体力の変化は、高齢期とされる前までの運動・スポーツの経験、中年期の生活習慣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。