明星大学【2015年】重複障害LD等の心理生理病理(PL3070) 1単位 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数338
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    重複障害LD等の心理生理病理(PL3070) 1単位 合格レポートです。
    良い評価をもらっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 
    重複障害LD等の心理・生理・病理 1単位
    障害児の障害の種類とその相互関連について述べなさい
    障害児の障害の原因・病理、障害の診断・理解と状態把握について述べなさい
    評価:合格
    講評:適切な内容でまとめられています。
       
    2007年に教育制度が変わり、特殊教育から特別支援教育になったことで、アスペルガー症候群、自閉症、学習障害、AD/HDについても支援対象として考慮されるようになり、障害の種別の多様化が顕著になってきた。課題①では、障害の種類とその相互関連について理解を深めるため、生体の機能系と呼ばれている行動システムの観点から、生体の機能である各々の機能の役割とその役割がうまく動かない時に発生する障害の症状について概説する。その後、障害児の障害の相互関連について述べる。
    各々の機能を説明する前に、行動システムについて先に述べる。行動システムとは、生体の構造の発達とともに整備され、生体が置かれた環境との関係で機能し、行動が発生することである。このシステムは、大きく3つの機能があり、環境からの情報(刺激)を収集する受容機能、受容した情報を処理する機能を持つ処理機能、処理さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。