【2015年】児童・進路指導論(PB3090) 1単位 明星大学 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数480
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年 明星大学通信教育部の児童・進路指導論(PB3090) 1単位 合格レポートです。

    高評価を貰っています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 児童・進路指導論(PB3090) 1単位目 合格レポート
    【課題】
    学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいのか考えをまとめなさい。
    【成績】
    合格 
    【講評】
     モデルとなる小論文です。
     学びの内容を深く理解し、自分の考え方を力強く論じている。重要事項を的確におさえ、理路整然と論じている。
    生徒指導提要によると、生徒指導とは、一人一人の児童生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会資質や行動力を高めることを目指して行われる教育活動のことである。児童生徒の社会資質や行動力を高めるために、生徒指導の行うことの1つに、自己指導能力の育成が重要な鍵となる。そしてこの自己指導能力の育成を学級で行うにあたり、児童と教師の信頼関係の構築が非常に重要である。では実際に、自己指導能力指導を行うためには、教師がどうすべきか、述べていく。本課題の構成として、自己指導能力の定義、そして自己指導能力を高めるために必要となる生徒指導の3つの機能を概説しながら、教師がどのよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。