明星大学 教育の制度と経営(PA1030)1単位 【2015年】合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数908
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 教育の制度と経営(PA1030)2単位目のレポートです。
    課題2は、イギリスについて書きました。
    学科試験は、1回で合格(優)を取りました。
    参考程度にご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学
    教育の制度と経営 1単位
    日本における教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    各国の教育制度の中から1つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。
    評価:合格
    学科試験:優
    日本国憲法により、私たちは教育の権利が与えられている。戦後から今日まで、全国各地で均質で良質な教育の提供により、就学率が大幅に向上したのは言うまでもない。だが一方で、教育の結果の平等まで求めたことにより、画一的な教育システムが構築された。事実、教育課程が学習指導要領によって決められ、教科書が検定制度によって認可されたものに限られていることから、学校制度の画一性がうかがえる。だが80年代からいじめ、不登校や学力の低下など、教育の質の問題が社会現象になり、こうした画一的な学校教育が問題視され、「ゆとり教育」が導入されるようになった。課題①では、このゆとり教育に焦点を当て、この教育の導入に関する教育改革を概観した後、これに対する所見を述べる。
    ゆとり教育導入の背景に中曽根内閣時に作られた「臨時教育審議会」での議論がある。84年に設置された臨教審答申で教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。