材料基礎実験  反応速度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数95
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    東京理科大学基礎工学実験レポートとなります。
    参考程度にお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    材料基礎実験                  班
    実 験 報 告 書
    題 目            
    実 験 実 施 日        平成28年  月   日
    提 出 日        平成28年  月   日
    (再 提 出 日      平成28年  月  日)
    1, 目的
    化学の主題である化学反応ではどの方向に反応が進むかということとどの程度の速度でその反応が進むかということが重要視される. 今回は水酸化ナトリウム水溶液による酢酸エチルの加水分解の反応速度について文献値と実験値を比較する.
    2, 背景
    2.1水酸化ナトリウムによる酢酸エチルの加水分解反応の反応機構及び反応式
     水酸化ナトリウム水溶液と酢酸エチル水溶液は次の式(1)の化学反応を起こす
    CH3COOC2H5+NaOH→CH3COONa+C2H5OH         (1)
    水酸化ナトリウムと酢酸エチルの化学反応は酢酸エチルのエステルが水酸化ナトリウムの水酸化物イオンによって加水分解が促進される反応である.
    2.2遷移状態理論
    反応の前段階である始原系と反応中の遷移状態との間の平衡を考えて,平衡論を化学反応速度に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。