特別活動指導法 第1課題:学級(HR)活動において、どのような力を育てていくのか(ねらいの設定)、そのためにはどのような

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:学級(HR)活動において、どのような力を育てていくのか(ねらいの設定)、そのためにはどのような活動を子どもたちに体験させたらいいのか、次の活動について具体的に考えを述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題:学級(HR)活動において、どのような力を育てていくのか(ねらいの設定)、そのためにはどのような活動を子どもたちに体験させたらいいのか、次の活動について具体的に考えを述べよ。
    はじめに、学習指導要領における特別活動のポイントを説明する。1つは、「よりよい人間関係を築く力」「集団の一員としてよりよい生活づくりに参画する態度」の育成を、特に重視することである。そのための体験活動や、話し合い活動、異年齢集団による活動を充実させる。もう1つは、発達の段階に応じた「体験活動」を推進することである。小学校では、自然の中での集団宿泊活動、中学校では、職場体験活動などである。これは、自己の尊重・公共の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。