生徒指導論 第1課題 ① 学校において、様々な生徒指導が実践されています。生徒指導の校内体制についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数194
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:学校において、様々な生徒指導が実践されています。生徒指導の校内体制についてまとめなさい。
    合格をいただいたレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校において、様々な生徒指導が実践されています。生徒指導の校内体制についてまとめなさい。
    生徒指導を全校体制の中で推進するには、校長の経営方針の下に学校のあらゆる組織が効果的に機能することが重要である。教育活動の特性と役割及び担当(校長、副校長、生徒指導担当、学年主任、学級担任、教科担任、教育相談主任、スクール・カウンセラー、スクール・ソーシャルワーカー、養護教諭、進路指導担当、教務担当等)がすべての教職員に理解されていることが求められている。
    学校が一人一人の児童生徒に対して、組織的な生活指導を行うためには、校内の生活指導体制を確立することが必要である。
     行内組織としては、校務分掌に生徒指導部を置くことが一般的である。校務分掌とは、学校教育の効果を上げるため、学校運営に必要な校務を校長が所属職員に学校全体を見通して分担し、処理していくことである。生徒指導部は、学校の生徒指導上の諸問題について研究し、指導計画を立て、学校全体の生徒指導体制を整備し、運営する役割を担う。
     生徒指導部は大きく2つのセクションに分かれる。
     まず1つ目は生活指導を担当するセクションである。このセクションは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。