【Z1305】教科教育法地理歴史 第二設題〔佛教大学〕

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数146
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年度版の物です。リポートの作成にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学習指導要領における世界史Bの内容(4)「諸地域世界の結合と変容」のウ「産業社会と国民国家の形成」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp12にある3つの社会科観・p92にある「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業と関連させて考察しなさい。
     まず、文部科学省が公開している高等学校学習指導要領解説を見てみよう。以下、学習指導要領解説からの抜粋である。
     “ウ産業社会と国民国家の形成”
    “産業革命,フランス革命,アメリカ諸国の独立など,18世紀後半から19世紀までのヨーロッパ・アメリカの経済的,政治的変革を扱い,産業社会と国民国家の形成を理解させる。”
    上記の記述があり、さらに詳しい解説には以下の様に記述されている。
    “18世紀における経済的変化や啓蒙思想を背景に,アメリカ独立革命,フランス革命,ラテンアメリカ諸国の独立が,相互に関連をもちながら大西洋を挟んで起こったことに着目させる。ラテンアメリカ諸国では,独立後も欧米資本主義国への経済的従属が続いたことに触れる。”
    この範囲を学ぶにあたって重要なのは解説にもあるようにアメリカの独立革命、フランス革命、ラテンアメリカ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。