【Q0103】佛教大学 西洋の歴史 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数455
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2015年度版の物です。リポートの作成にお役立てください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     古代地中海世界の多神教そして一神教の成り立ちや変化、後世への影響について歴史的背景を意識しながら論じなさい。
     ・メソポタミアの宗教
     メソポタミアにおいて人々に影響を与えた神話といえばギルガメッシュ叙事詩であろう。この叙事詩から古代メソポタミアの人々はどのような影響を受けているか。野獣そのものであったエンキドゥは教育され成長した。これは人間が人間らしく生きるには教育・文化が必要であり、また友人も必要であるということを教えてくれている。また、欲しいものがあれば、いかなる苦労を惜しむことなく努力しなければ得ることはできないとも伝えている。なにより、人間は死から逃れることはできない宿命であると示している。
     このような叙事詩が生まれた背景にはメソポタミアの地に住む人々の生き方の根底にかかわってくる。彼らにとって、願わしき人生とは生活を楽しむことであり、首尾よく行動することである。この点についてメソポタミアの宗教には快楽主義が潜んでいると考えられる。また、そのためには世俗的な生活において成功することが重きを置かれた。
     ギルガメッシュ叙事詩を使って生活の指針を習得させることが教訓のねらいで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。