佛教大学 Z1802 介護等体験研究 レポート 2016年度最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数88
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信のZ1802介護等体験研究のA判定のレポート。

    設題:なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。。

    主に教科書や課題図書の内容を引用していますので、参考にしてください。
    近年、レポートの不正コピーを対策する大学が増えておりますので、そのままの転用は控え、レポートの合格基準の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
     少子・高齢化の時代にあって、互いに助け合い、より豊かな福祉社会を築くために、今後の日本を担っていく子ども達を育てる教師はとりわけ重要な役割を果たしている。その教師となるために、平成9年に教育職員免許法の特例等に関する法律により介護等体験が定められた。介護等体験は、小学校又は中学校の教諭の普通免許状の授与を受けようとする者に、障害者、高齢者等に対する介護、介助、これらの者との交流等の体験を行うことである。この制度は、義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から定められている。
     特別支援学校における介護等体験では、障害のある児童生徒が学ぶ学校で、介護・介助・交流等の体験を自らの経験としてもつとともに、この体験を一人一人の教育活動に生かすことが求められている。また特別支援学校では、小中学校と交流及び共同学習を積極的に進め、共に活動し、ふれあうことを通してお互いの良さを認め、共感し、育ち合って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。