佛教大学 S0613 社会科概論 レポート 2016年度最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数84
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信のS0613社会科概論のA判定のレポート。

    設題:本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。

    主に教科書や課題図書の内容を引用していますので、参考にしてください。
    近年、レポートの不正コピーを対策する大学が増えておりますので、そのままの転用は控え、レポートの合格基準の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。
    小学校社会科の教科目標は、「社会生活についての理解を図り、我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を育て、国際社会に生きる平和で民主的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う」としている。また「社会認識を通して市民的資質を形成する」という社会科教育の本質的目標を目指している。すなわち、社会の中で生活する子どもが様々な問題に当面した際に、認識内容を判断材料として、合理的に意思決定ができる子どもを育成することが求められている。このように社会化授業の基本構造は、社会認識と市民的資質を育成することである。社会認識の育成には、「構造的知識の学習」と「探究過程」で構成され、市民的資質の育成には、「合理的意思決定」が位置づけられている。
    1、構造的知識の学習
     社会科の内容は、社会諸科学の蓄積してきた研究成果から構成される。
    社会科のカリキュラム全体が、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。