佛教大学 S0106 教育社会学 第1.2設題 レポート 2016年度最新

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数105
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信のS0106教育社会学の第1.2設題共にA判定のレポート。

    第1設題:学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    第2設題:学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。

    主に教科書や課題図書の内容を引用していますので、参考にしてください。
    近年、レポートの不正コピーを対策する大学が増えておりますので、そのままの転用は控え、レポートの合格基準の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題:学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     現在、学歴社会の崩壊が盛んに叫ばれ、現実に一流大学を卒業し、一流企業に就職した人間がリストラや倒産で職を失う事態が頻繁に生じている。いまや学歴社会で高位についた人間が、実は内面的には「立派な人間」ではないとしている。また、いじめ、不登校、非行などさまざまな教育問題は、学歴社会に原因があるのではないかとされている。しかし、学歴社会を非学歴社会化できれば、さまざまな教育問題は一気に解決するのであろうか。学歴社会とは何か、そしてその問題点としては何があり、今後どうなるかについて概観する。
     学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味しており、具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされ、日本はアメリカ合衆国、カナダとならび、数少ない高学歴社会のひとつである。一方、学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。